今日のバイト ~msi x99 s01編~

こんにちは、今日はバイトで「パソコンがうまく起動しない!BIOSの設定をリセットして!」という依頼を受けました。

運び込まれたパソコンはmouse computer でした。

起動してみると、言われた通りロゴマークが出た後、

EFI shell」などと書かれた画面が出てきてBIOSが開けませんでした。

おそらくこれはUEFIのシェルコマンドが打てるものだと思いました。

UEFIのシェルコマンドがあること自体初めて知った、、、)

UEFIってことはBIOSじゃないのでUEFIを起動して設定をいじりたいのですが、どうやらパスワードがかかってしまっているらしく、起動できません。

持ってきた本人はパスワードを設定していないの一点張りで、初期パスワードらしいものを10個ぐらい適当に入力してみてもダメでした。

これはメーカーに直してもらうしかないのかな?とか安直なことを思ったのですが、とりあえずパソコンのケースを開けて、マザーボードを確認してマニュアルを確認してみることにしました。

Support For X99S SLI PLUS | Motherboard - The world leader in motherboard design | エムエスアイコンピュータージャパン

 

さすがMSI 日本語のマニュアルもちゃんとありました。

Asiaでも最初のページは英語で焦りました。英語勉強しなくては症候群)

そこでCMOSクリアしなくてはいけないかとおもってCMOSで検索したら、なんとこのマザボマルチBIOSとか言われる素晴らしいものらしく

f:id:tsudukihashi0817:20170707220204p:plain

画像に記された位置にあるスイッチを、ちゃんとパソコンの電源を切って、ケーブルも全部抜いてから右から左に入れ替えてもう一回起動したらすんなりBIOSが起動してくれました!!!

BIOSのメニューでBOOTオプションをレガシーではなくUEFIにしたらちゃんとOSも起動してくれました。

 

今日はおもしろい体験ができてよいバイト日和でした。

Windows10のドライバを探す方法

Windows10のドライバを探す方法

※ドライバはPCにとって大切なものなので、自己責任で行ってください。

 

バイスマネージャーの起動

 ①左下のWindowsキーを右クリックする。

(Windwosキー + i でも可能)

②「デバイスマネージャー(M)」をクリックする。

f:id:tsudukihashi0817:20170706214833p:plain

ドライバが当たっているか確認する

①ドライバが当たっていないものは黄色いマークが出ています。

※今回は、すべてドライバが当たっているので仮にディスプレイのドライバが当たっていない体で行います。

②不明なデバイスをダブルクリックします。

f:id:tsudukihashi0817:20170706215001p:plain

③「詳細」タブをクリックします。

f:id:tsudukihashi0817:20170706215130p:plain

④「デバイスの説明」をクリックする。

f:id:tsudukihashi0817:20170706215229p:plain

⑥「ハードウェアID」をクリックする。

f:id:tsudukihashi0817:20170706215300p:plain

⑦「値(V)」欄の一番上の値を右クリックしてコピーします。

f:id:tsudukihashi0817:20170706215339p:plain

 

ドライバを検索する。

Googleの検索欄にまるまる張り付けて検索する。

②一番上のサイトを選択します。

 

f:id:tsudukihashi0817:20170706215440p:plain

③DriverIdentiferさんのサイトでDeveice Nameを確認します。

④Device Nameの「Intel(R) HD Graphics 4600 」をコピーします。

 

f:id:tsudukihashi0817:20170706215743p:plain

 

⑤再びGoogle先生に聞きます。

⑥一番上の公式サイトをクリックします。

※ドライバは公式サイトからのみダウンロードするようにしましょう。

非公式のサイトからダウンロードしたのもには悪意のあるソフトウェアが入っているものもあります。昔トロイの木馬に引っ掛かりました(実話)。

f:id:tsudukihashi0817:20170706215929p:plain

ドライバをダウンロードする

①デバイス名を確認し、バージョンに使用しているOSが含まれているものをダウンロードします。

インストール作業は省略します。

 

f:id:tsudukihashi0817:20170706220101p:plain

 

以上です。

お探しのドライバを見つけることができたでしょうか?

古すぎるパソコンだったり、××社のパソコンなんかはドライバを公表していないところがありますので、そういった場合はドライバCDなんかを手に入れる以外でドライバを充てるのは難しいと思います。

ドライバまでサポートしている会社のPCが売れるのは当たり前ですよね~。

 

 

iPhoneでプロキシ環境の設定

経緯

 大学や企業では、プロキシ環境下でWi-Fiを使用せざる得ないときもあります。

4GやLTEを使えば、めんどくさい設定をしなくてもいいのですが、通信制限のことなどを考えるとWi-Fiを使用したくなると思います。(特に動画を閲覧する方は)

 

そこで今回はiPhoneで(正確にはiOS)でProxy設定する方法を紹介します。

続きを読む

Windows10のプロキシ設定を確認する方法

Windows10のプロキシ設定を確認する方法

「設定」を表示する。

①画面左下の Windowsのロゴをクリックします。

Windowsのロゴより2個上にある 歯車のマークをクリックします。

Windowsキー + iキーを同時に押しても起動できます。

f:id:tsudukihashi0817:20170703130714p:plain

「ネットワークとインターネット」を開く

①地球儀のマークがある「ネットワークとインターネット」と書かれているところをクリックする。

f:id:tsudukihashi0817:20170703131030p:plain

「プロキシ」設定の画面を表示する。

①左側のネットワークとインターネットのスクロールバーを下に移動させます。

②地球儀マークの「プロキシ」と書かれた部分をクリックします。

f:id:tsudukihashi0817:20170703131221p:plain

 

確認する

以下の「アドレス」「ポート」と書かれているところがプロキシ設定です。

「アドレス」はiOSでは「サーバ」と表記されます。

f:id:tsudukihashi0817:20170704111035p:plain

Windows10のプロキシ設定方法

Windows10のプロキシ設定方法

「設定」を表示する。

①画面左下の Windowsのロゴをクリックします。

Windowsのロゴより2個上にある 歯車のマークをクリックします。

Windowsキー + iキーを同時に押しても起動できます。

f:id:tsudukihashi0817:20170703130714p:plain

「ネットワークとインターネット」を開く

①地球儀のマークがある「ネットワークとインターネット」と書かれているところをクリックする。

f:id:tsudukihashi0817:20170703131030p:plain

「プロキシ」設定の画面を表示する。

①左側のネットワークとインターネットのスクロールバーを下に移動させます。

②地球儀マークの「プロキシ」と書かれた部分をクリックします。

f:id:tsudukihashi0817:20170703131221p:plain

プロキシの設定

①「プロキシサーバーを使う」をオンにします。

②「アドレス」「ポート」をそれぞれお使いのプロキシ環境の設定を入力してください。

③ここにはプロキシサーバを適用したくないアドレスを入力してください。

イントラネットの設定をします。

⑤「保存」をクリックする。

※この「保存」のところをクリックしないで、プロキシ設定が反映されない方が多いです。注意してください。

f:id:tsudukihashi0817:20170703131533p:plain

 

プロキシ設定を解除する。

前項①のプロキシサーバを使うをオフにします。

設定をする時とは違って、保存ボタンをクリックする必要はありません。

 

 

ブログ始めました。

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル

ジョン・ソンメズ (著), まつもとゆきひろ(解説) (その他), 長尾 高弘  (翻訳)

この本を108ページ目まで読んで愚直にブログを始めることにしました。

煩悩の数が108個ということと関係があるのでしょうか、いやない(反語)。

やってみようのコーナー書いてあったので☝

この本は、人生について、浅はかな大学生にも理解できるように記述されているのでとても面白いです。

そんな訳でブログ始めます。